セクシーランジェリーのネット通販ショップ インナージュエリー inner jewelry キーワード【アダルトランジェリー・ベビードール・セクシー下着・セクシーショーツ・インナー・大人の下着・エロ下着】
アダルトコンテンツを含むため18歳未満はこちら

ランジェリーの誘惑〜新しい世界へ-2話



作家名:夢野由芽
文字数:約2610文字(第2話)
公開日:2019年11月15日
管理番号:k016


挿絵の官能小説画像

0



「・・・・。」 開かれたサムネイル表示のページには、
ランジェリー姿の女性や、男性と絡んだ写真が数十枚、のせられていた。

(源さん、いったい何を考えてるんだろう。)
結衣はそう思いつつも、その中の一枚を拡大してみた。

上下そろいのブラとショーツ。
笑顔の若い女性がカメラに向かって微笑んでいる。

官能小説の画像

結衣の知らない顔だった。
源とのうわさがあったTaikoとも
全く違う女性だった。

(どこかの、いやらしいページからダウンロードしたに違いない。)
よく見れば、胸元と股間は穴が開いている。
いわゆるオープンクロッチというタイプの下着だ。

(それとも、ランジェリーショップの広告か何かかなあ。
 でも、もしそうだとしたら、なんで同じ下着ばかりなんだろう。)

結衣は、疑問に思いながらも、ページをスクロールしていく。

何枚か赤い下着姿の女性の、別のポーズの写真が続いた後、
男女が絡み合っている写真が現れた。

先ほどの女性が、勃起した男性のペニスを咥えている写真だ。
勿論、モザイクなどかかっていない、無修正の写真だった。
女性は男の履いた黒のビキニブリーフの小さな布から飛び出したペニスを、
真っ赤なルージュの引かれた唇に咥え、
カメラに向かってほほ笑んでいた。
片方の手はブリーフの下の方に回り、
男性のタマの部分を包み込むようにしている。

既に、何度も唇を這わせたのだろう、
ペニスの周りには赤いルージュがなん箇所にもついていた。

男性は自分の股間を誇示するかのように、腰に手を当て、
やはり、カメラに向かってほほ笑んでいた。
(エッ?これって…)


「ごめん。スマフォ、忘れたわ。」
玄関のドアを開け、夫が戻ってきた。
結衣は慌てて画面をオフにした。

結衣はスマホの電源が切れていることを確認すると、
「は〜い。今、開けるわ〜。」と声をかけ、玄関に急いだ。

「もう、忘れっぽいんだから。はい。」
「悪い悪い。下で車、待たせてるから。」、
夫はそう言うと、慌てて結衣の頬にキスをして出て行った。


結衣の心臓は高鳴ったままだった。
ドアを閉める手が震えている。
(さ、さっきの、写真の、男の、顔は、、、、源、、さ、ん、、まさか、、、)


夫を疑いたくはなかった。
結婚前には確かに様々なうわさもあった。
特に源は、音楽業界から俳優、お笑い芸人との交流も多く、
舞台や映画出演も経験している。

それでも結婚してからは、CM出演や作曲活動を多くすることで、
地方へ出かけていく数も減らし、結衣との時間を作ってくれる源。

結衣も、そんな夫に応えようと、仕事の数をできるだけ減らし、
森柳くるりのような専業主婦とは言えないまでも、
できるだけ家にいるよう努めてきた。


その夫に、
あんな写真を撮るような、、、
いや、撮らせるような女性の存在があるとは。。。

(いや、あれはきっと、わたしと結婚する前の物だわ。
 源さんの昔の思い出。
だとすれば、わたしが気にしさえしなければいいのだから。
過去の過ち?ううん。過去の思い出よ、きっと。)


何度も自分にそう言い聞かせようとした結衣だったが、
結衣の頭の中には、
《まさか》という思いと《もしかしたら》という思いが交錯し、
家事が全く手に付かなかった。

その日は日課にしているジムにも行かず、
結衣はただボーっとして1日を過ごした。


夕方、源が思いの外早く帰宅しても、結衣の心は晴れなかった。
(ねえ、あの写真、いったい何なの?相手の女は誰?)

夫が帰ってきたら、思い切って言ってやろうと、
昼間、何十回となく頭の中で繰り返してきた言葉だったが、
いざ、夫を目の前にすると、結衣にはそれを口に出す勇気がなかった。

テーブルの上に『キッチンラーメン』と『のん兵衛 悪いきつね』をはさみ、
結婚生活3年を経た夫婦の、無言の食事が始まった。

麺をすすりながらもほとんど口を利かない結衣を心配して、源は何度も声をかけた。
「どうした?なにかあったのか?」
結衣は源の顔を正面から見る気にもなれず、
「大丈夫。ちょっと疲れているだけ。」と言葉を濁し、
早々に寝室へ入った。
「あ〜あ。今日は、ハグの日だったんだけどなあ。」
ガッカリした源の声がリビングに寂しく響いた。


結衣はそのままベッドに横になった。
目をつむると、あの写真が頭の中に浮かんでくる。

赤いランジェリーの女。
ブラの先端の穴から覗いた乳首。
ショーツの割れ目からは、うっすらと薄目のアンダーヘアが覗き、
股の割れ目近くから、女性のスリットの端が。

男性のペニスは、血管が浮き出るほどに勃起し、
その先端は真っ赤なルージュをした女性の口の中に飲み込まれている。
そして、画面の上の方に辛うじて写る男の顔。。。

結衣は、いわゆる「はめ撮り」など、
そういった類いの写真を撮った経験はなかった。
初体験は高校時代に済ませていたが、
その頃はそもそもそういった発想自体もなく、
相手から求められることもなかった。

芸能界に入り、仕事への欲が出てくるころになると、
スポンサーやいわゆる大物と呼ばれる人たちと一夜を共にすることもあった。
戯れに、時には半ば強制的に写真を撮られそうになったこともあったが、
結衣は「この先」を考えて、決して撮らせて来なかった。

売り込みなどによる「スクープ」や、トラブル後の「リベンジポルノ」と言った、
いわば「流出」を恐れたのだ。

友達や仲間の中には、そうした写真を何枚も保存し、
アルコールの力を借りてか、時折自慢気に見せる仲間もいた。
結衣は、そのスマフォを覗き込み、
仲間と一緒に嬌声を上げながらも、
その不用心さに内心驚いたものである。
なのに、まだ結婚してそれほどたたない夫のスマフォの中に、
あんな写真が保存されているとは。

(夫は、無防備すぎやしないだろうか。)

結衣はそんな風にも考えてみた。
それによく考えてみると、結衣が見た写真の中で、
夫である源の存在を示しているのは、たった1枚だけだった。
そのたった1枚の写真をたてに源を追及したり、
仮に週刊誌などにリークしたところで、
「ああ、あれは合成。メンバーがふざけて作ったやつ。」
の一言で解決してしまうようなものにも思えてきた。


官能小説の画像

では、本当にあの1枚だけなのだろうか。
同じ画面の中にあった、いくつかのフォルダ。
その中にも、同じような写真が、
いや、それ以上の写真が保存されているのではないだろうか。

もっと、じっくり見ておけばよかった。
あんなタイミングで夫が戻ってくるとは。。
でも、源さんは、中身を見られたとは思っていないだろう。
また、チャンスはあるかもしれない。
でも。。。。。



(続く)



前へもどる
なし

次話は2020年1月に掲載予定



※本サイト内の全てのページの画像および文章の無断複製・無断転載・無断引用などは固くお断りします。



ベビードール一覧

メインカテゴリーから選ぶ


ベビードール
セクシーショーツ
セクシーブラ&ショーツ
セクシーテディ
セクシーコスプレ
ボディストッキング
ガーターベルト
網タイツ・ストッキング


無料で読める官能小説一覧


ホームへのリンク


メディア実績

人気女性誌のananアンアンに掲載
人気の女性誌ananに掲載されました

無料メルマガで毎月1回10%オフクーポン配布中!

安心への取り組み

新着商品を見る
再入荷商品を見る
アウトレット商品を見る
ギフトラッピング

メルマガ登録・解除
メルマガで毎月1回10%オフクーポン配布してます!

インナージュエリーのQRコード
バーコード


店長のオススメセクシーランジェリー下着
  • 3,436円(税込3,780円)

  • 2,073円(税込2,280円)

  • 1,345円(税込1,480円)

  • 891円(税込980円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 1,527円(税込1,680円)

  • 2,709円(税込2,980円)

  • 1,436円(税込1,580円)

  • 2,345円(税込2,580円)

    SOLD OUT



セクシーランジェリー店長より

いらっしゃいませ!

セクシーランジェリー下着のネット通販ショップへようこそ!


当店についてご意見・ご要望などございましたら、どんなことでもけっこうですのでメールにてお気軽にお問合せくださいませ。


■営業時間:平日11〜17時

−土日祝祭日休み−


お客様の「また買いにきますね」という言葉が何よりの励み。満足していただけるようなお店作りにこれからも取り組んでまいります。


ショップ名は「インナー=ランジェリー下着」をとおして「ジュエリー=宝石」のように女性が光り輝くという思いを込めてつけさせていただきました。


販売を通して日本中のカップルの幸せのお手伝いができるよう頑張ります!

ショップブログへのリンク
矢印 店長のひとこと

■営業日カレンダー 各月のアイコン
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
が当店の休業日となります
土曜日は発送業務のみ実施

矢印 ショップポイントについて

インナージュエリーで検索
再度、検索でご来店いただくときは「インナージュエリー」で検索してください。当店プライバシーポリシーのページと店長ブログが検索結果の上位にあがります


インナージュエリーのQRコード
バーコード



当店人気のセクシーランジェリー下着
  • 618円(税込680円)

  • 1,691円(税込1,860円)

  • 1,991円(税込2,190円)

  • 5,709円(税込6,280円)

  • 1,527円(税込1,680円)

  • 1,709円(税込1,880円)

  • 709円(税込780円)

  • 1,345円(税込1,480円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 1,709円(税込1,880円)

  • 1,691円(税込1,860円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 1,345円(税込1,480円)

  • 1,800円(税込1,980円)

    SOLD OUT