セクシーランジェリーのネット通販ショップ インナージュエリー inner jewelry キーワード【アダルトランジェリー・ベビードール・セクシー下着・セクシーショーツ・インナー・大人の下着・エロ下着】
アダルトコンテンツを含むため18歳未満はこちら

ランジェリーの誘惑〜新しい世界へ-6話



作家名:夢野由芽
文字数:約3180文字(第6話)
公開日:2020年2月4日
管理番号:k016


挿絵の官能小説画像

0



「結衣。悪かった。まさか、君がこんなに。。」
「こんなに、なあに?
こんなに怒るとは思わなかった?
自分の妻が、夫に放っておかれて他の女性、
ううん、他の女たちと楽しい時間を過ごしている。
幸せそうな表情を浮かべている。
これを、黙って看過しろ!と、あなたは言うつもり?」

「いや、だから。。」
「ねえ、あの女性は誰?
一人でも二人でもいいから、誰なのか、教えて。

何をしている人?
いくつ?
あなたのどこに惚れたの?
どこで出会った?
あなたは、あの女性のどこがそんなに気にいったの?
あの女性のは、どんなだったの?
わたしのと、何処がどんな風に違ったの?

官能小説の画像

いつなの?
いつ頃のこと?
わたしと結婚する前?
いいえ、結婚してからよねえ。
あなたの髪でわかったわ。
あれは、最近の物だった。

まだ続いているの?
今日も会ってきたの?


ねえ、教えてよ。
わたしには、それを知る権利があると思わない?
たった一人の、大事な人を、あの女性たちに奪われたんだよ?
わたしの大事なあなたは、別の人を抱いたんだよ。

ねえ。何を思ってる?
どうしようと思ってる?
わたしの気持ち、わかる?
想像出来る?

きっと、あなたは、レコーディングだ、CMの撮り直しだとか、
コンサートの打ち上げだとか、そんな言い訳をわたしに言って、
あの女性たちを喜ばせる時間を作っていたんでしょ?

その間、わたしは、あなたのことを思いながら、
一人で寂しく、ベッドで寝ていたんだよ?

あなたが、女性たちに囲まれてベッドで過ごしている時間、
わたしは一人寂しく、あなたの枕を抱いて、眠っていたんだよ?

わかる?その、寂しさ。悲しさ。
ひとりだけ置いていかれる寂しさ。

あなたのスマフォの写真を見ていて、
わたしは、その時と同じ寂しさを感じた。

わたしが一人寂しく過ごしていた時に、
あなたは、こんなに楽しそうな時間を過ごしていた。
わたしの全く知らない、女性たちと。

ねえ、なぜ、わたしがいないの?
あなたが、楽しそうに過ごす時間に、その場に、
なぜ、わたしはいないの?

ねえ。源。

わたしを、一人にしないでよ。


そこまで一気に言うと、結衣はぐったりとして、そのまま床にしゃがみ込んだ。

「結衣。。。」
源には、結衣にかける言葉がなかった。
結衣が感じていた寂しさを、初めて知ったような気がした。
(結衣はそんな風に感じていたのか。。。。。)


源は妻である結衣に問いかけた。

「結衣。君の言いたいことは、わかった。
もちろん、君の思うことのすべてを聞き取れたかはわからない。
ぼくなりに、今できる最大限の力で、君の言葉を受け止めたつもりだ。
それを踏まえて、もう一度、君の結論を聞かせて欲しい。
君は、どうしてほしいんだ?
いや、どうしたいんだ?」

結衣はしばらくの間、何も言わなかった。
頭の中で、今までのすべてを整理しているようだった。
でも、混乱した頭の中で、結衣自身は、源に告げるべき答えは決まっていた。

源がどう弁明しようが、何をどう言おうが、結衣の結論は、たった一つだ。

「ねえ。わたしが、一番、悔しかったこと、わかる?」
「えっ?それは。。。ぼくに裏切られた、こと?」
「それは、ある意味正解で、
ある意味、外れ。
知りたい?わたしの、本当の気持ち。」

官能小説の画像

「本当の気持ち?
寂しかった、ということだろ?
確かに、結衣には寂しい思いをさせた。
その責任は、もちろん僕にある。
ぼくの覚悟はできている。
結衣。君の気持ちを聞かせてくれ。」 

「覚悟はできているって言うのは、
わたしの願いは、
きいてくれるっていうことよねえ?。」

「ああ。君が裏切られたと感じたのだったら、何を言われても仕方ない。
君の望むことは、、、できる限り、叶えよう。」

「そう。。。。。。だったら。。。。。。
わたしを、あの仲間に入れて。」

「えっ?」
「わたしにも、あんな素敵な、魅力的なランジェリーを着せて欲しいの。
 あの女性たちと一緒に、あなたとしたいのよ。

 なんで、あなたに奉仕する女性たちの中に、わたしがいないの?
なぜ、あなたが抱いている相手がわたしじゃないの?

いいわ。アナル。あなたにあげる。
あの女性たちに身体中触られながら、
キスの雨を降らしてもらいながら、
あなたのペニスをわたしのアナルに迎えてあげる。
ねえ、お願いよ。一緒にいさせて。
あの子たちと一緒に、わたしも愛してほしいの。
あの子たちと一緒に、あなたを愛したいの。」

「結衣。。。」
「ねえ、あなた。わたしの気持ち、通じたの?」
「わかった。結衣。、君の思い、わかったよ。
寂しかったんだね?仲間になりたかったんだね?

結衣。君なら、きっと、わかってくれると思った。
そう言ってくれると思った。
あの写真を見たら、きっと、君はこういう判断をするだろうってね。」

「そう言ってくれると思ってた?
わたしの判断がわかっていた、というの?」
結衣は目の前の源の顔を見つめた。

「結衣。君はぼくのスマフォからデータを移した、と言っていたよね。
そして、このフォルダを開けた。『Taiko』も『歌帆』も、『五階堂』も。
そして、あの写真を見た。
じゃあ、もう一つ、残っている『新学期』のフォルダは、開けなかったのかい?」


「『新学期』のフォルダ?
確かに、あったわ。
まだ開けていない。。。。」

今、ここで開いてごらん。『新学期』のフォルダ。」

結衣は源が手渡した自分のスマフォを見つめた。

(なんで、『新学期』なの?
確かに、このフォルダは、まだ開けていない。
 他のフォルダの写真を見ながら、何度もいってしまって。。。
そのあとは、いつの間にか気を失っていたみたいだから。。。。)

『新学期』と書かれたフォルダを開く。
見慣れた自分の顔がいきなり画面いっぱいに広がった。
サムネイル表示を見ると、どことなく見覚えのある写真ばかりだった。
ドラマの収録中の物から、スタッフに隠れて出かけた時に見た夜景。
源のマンションで撮った初めてのツーショット。。。。

勿論、遠目に見ても、裸の写真など、一枚もない。

しかし、見たこともない写真もたくさんあった。
アングルや表情から見て、おそらく夫がわたしには告げずに撮った写真だろう。
あるいはスタッフに頼んで手に入れたものなのかもしれない。

無防備ではあるが、自分自身の飾らない笑顔がそこにはあった。

フォルダの最後の方にテキストがあった。
結衣は、そのテキストを開いた。

官能小説の画像

「結衣。
 今、これを見ている、って言うことは、、
つまりは、そう言うこと、だよね。

やっと、本当の君を、
受け入れることができるんだね。

良かった。

このフォルダに、

新しい写真を  たくさん  保存していこう。


そして、
セクシーなランジェリーに身を包み、
ぼくではない男のペニスを咥えている君の写真で。。。。。

ぼくではない男のペニスを、口に咥え、バックからも犯され、
幸福の喘ぎ声をあげている君の写真で。。。。

何本もの男たちの手に愛撫され、
歓喜の声を上げる君の写真で。。。。

僕と君が、ぼくと君以外の男女と、
だれかれ構わずに、交わり、
悦楽の境地を味わう写真で。。。

この、『新学期』のフォルダを、
一杯にしよう。」



《ピンポ〜ン》
突然、玄関のインターフォンが鳴った。
「お、来たようだ。」

源は結衣の目を見ながら玄関に向かい、玄関のドアを開けた。
「お邪魔しま〜す。」

結衣は目を疑った。
そこに現れたのは、
確か、のん兵衛のCMで源が共演している古岡里帆と、

結衣のかつての共演相手、
そして今や月一セフレになってしまっていた槍下智久だった。

古岡の手には1本のワイン。
そして、槍下の手にはギフトラッピングされた
インナージュエリーのプレゼントが。。。


官能小説の画像

「。。。。。お待ちしていました。こちらへどうぞ。」

全てを一瞬で理解し、二人の仲間を寝室へと案内する結衣の顔は、
喜びと期待に溢れていた。



この先、4人に起きる出来事は。。
そして、さらに広がっていくであろう、
仲間たちとの関係は。。。


結衣たちの承諾さえ得られれば、
詳らかにする日も、
そう遠くはないと思う。



(続く)



前へもどる
なし

次話は2020年春に掲載予定



※本サイト内の全てのページの画像および文章の無断複製・無断転載・無断引用などは固くお断りします。



ベビードール一覧

メインカテゴリーから選ぶ


ベビードール
セクシーショーツ
セクシーブラ&ショーツ
セクシーテディ
セクシーコスプレ
ボディストッキング
ガーターベルト
網タイツ・ストッキング


無料で読める官能小説一覧


ホームへのリンク


メディア実績

人気女性誌のananアンアンに掲載
人気の女性誌ananに掲載されました

無料メルマガで毎月1回10%オフクーポン配布中!

安心への取り組み

新着商品を見る
再入荷商品を見る
アウトレット商品を見る
ギフトラッピング

メルマガ登録・解除
メルマガで毎月1回10%オフクーポン配布してます!

インナージュエリーのQRコード
バーコード


店長のオススメセクシーランジェリー下着
  • 2,345円(税込2,580円)

  • 2,345円(税込2,580円)

  • 2,345円(税込2,580円)

  • 2,345円(税込2,580円)

  • 891円(税込980円)

  • 1,618円(税込1,780円)

  • 1,527円(税込1,680円)

  • 2,709円(税込2,980円)

  • 1,436円(税込1,580円)



セクシーランジェリー店長より

いらっしゃいませ!

セクシーランジェリー下着のネット通販ショップへようこそ!


当店についてご意見・ご要望などございましたら、どんなことでもけっこうですのでメールにてお気軽にお問合せくださいませ。


■営業時間:平日11〜17時

−土日祝祭日休み−


お客様の「また買いにきますね」という言葉が何よりの励み。満足していただけるようなお店作りにこれからも取り組んでまいります。


ショップ名は「インナー=ランジェリー下着」をとおして「ジュエリー=宝石」のように女性が光り輝くという思いを込めてつけさせていただきました。


販売を通して日本中のカップルの幸せのお手伝いができるよう頑張ります!

ショップブログへのリンク
矢印 店長のひとこと

■営業日カレンダー 各月のアイコン
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
が当店の休業日となります
土曜日、3/20.4/29は発送業務のみ実施

矢印 ショップポイントについて

インナージュエリーで検索
再度、検索でご来店いただくときは「インナージュエリー」で検索してください。当店プライバシーポリシーのページと店長ブログが検索結果の上位にあがります


インナージュエリーのQRコード
バーコード



当店人気のセクシーランジェリー下着
  • 709円(税込780円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 1,991円(税込2,190円)

  • 5,709円(税込6,280円)

  • 1,527円(税込1,680円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 709円(税込780円)

  • 1,436円(税込1,580円)

  • 1,991円(税込2,190円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 1,618円(税込1,780円)

  • 1,800円(税込1,980円)

  • 2,345円(税込2,580円)

  • 1,345円(税込1,480円)

  • 1,800円(税込1,980円)

    SOLD OUT